映画

映画「ヴェノム」のネタバレ有感想・解説、評判口コミ、登場人物キャストなどまとめて紹介するよ

この記事はこんな人におすすめ!

  • 映画「ヴェノム」を観た
  • 映画「ヴェノム」の感想や解説を知りたい
くれい
くれい
こんにちは。

あのスパイダーマンのヴィラン(敵)であり、第2のスパイダーマンともいわれるダークヒーロー「ヴェノム」。

そんなヴェノムが主人公、しかも演じるのがトム・ハーディということで、期待値高めで観に行ってきました。結論から言うと、ヴェノムとトムの凸凹コンビが最高のバディムービーでした。

今回は、そんな映画「ヴェノム」のネタバレ有感想・解説、評判口コミ、登場人物キャストなどまとめて紹介します!

スポンサーリンク


映画「ヴェノム」が2018年11月2日に公開!

スパイダーマンの宿敵・ヴェノムを主人公にしたスピンオフ映画「ヴェノム」が、2018年11月2日に日本でも公開されました。

ダークナイト ライジング」「ダンケルク」などに出演したトム・ハーディが、地球外生命体「シンビオート」に寄生された元記者の主人公エディ・ブロックを演じます。

監督は、「ゾンビランド」「L.A. ギャングストーリー」のルーベン・フライシャー

あらすじは?

人間に寄生する地球外生命体「シンビオート」が宇宙で人間に採取され、地球に持ち運ばれる。

それを使った人体実験を行い、死者を出す「ライフ財団」という組織。

そんな組織を追う敏腕記者であるエディは婚約者のアンと順風満帆の毎日を送っていたのだが、行き過ぎた取材のせいで会社をクビになってしまう…。

 

映画「ヴェノム」主要登場人物とキャストを紹介!

ではまず、映画「ヴェノム」に出てくる主要な登場人物とそのキャストを紹介していきます!

エディ・ブロック/トム・ハーディ

エディ・ブロックは「シンビオート」に寄生され、第2のスパイダーマンといわれるヴィラン「ヴェノム」となるキャラクター。

コミックではスパイダーマンへのある恨みから敵として立ちはだかりますが、映画ではスパイダーマンとの接点はないです。

演じるのは、「ダークナイト ライジング」でバットマンの敵・ベイン役、「マッドマックス怒りのデスロード」の主演マックス役として有名なトム・ハーディ。

カールトン・ドレイク/リズ・アーメッド

カールトン・ドレイクは、エディが追う「ライフ財団」の創始者でCEO。

宇宙から持ち運ばれた「シンビオート」の研究に没頭しており、死者を出しても気にしない冷酷な性格の持ち主です。

演じるのは、「ナイトクローラー」の主人公の助手リック役で有名なリズ・アーメッド。ラッパーとしても活動しています。

アン・ウェイング/ミシェル・ウィリアムズ

(左からトム・ハーディ、ミシェル・ウィリアムズ)

アン・ウェイングは、エディの婚約者で弁護士です。

演じるのは、「ブルーバレンタイン」のシンディ役、「グレイテストショーマン」のチャリティ役などで有名なミシェル・ウィリアムズ

スポンサーリンク


映画「ヴェノム」のネタバレ有感想を紹介!

実際に映画「ヴェノム」を観てきたので、ネタバレ有で感想を紹介していきます!

(※ネタバレを含むので、まだ本編を観ていない人は注意してください。)

ヴェノムが超可愛かった

宇宙から地球に持ち運ばれた「シンビオート」の1つ、ヴェノム。彼はライフ財団に侵入したエディに寄生することになるのですが、そのヴェノムが想像以上にペットのような愛らしさがありました(笑)

本編を観る前は、「最も残虐な悪誕生」なんて触れ込みで見境なしに人々を襲うようなキャラクターだと思ってたんです。確かにヴェノムは初めはすぐ人間を喰ってしまおうと言い出しますが、それはただの生理的欲求で、エディの制止をしっかり聞くようにかなり聞き分けがよかったですよね。

それは完全に飼い主に懐いたペットのそれ。ヴェノムは会社をクビになってしまい自暴自棄になっていたエディに、シンビオートの中で落ちこぼれ(?)だった自分を重ね合わせたんでしょう。

ヴェノムはエディに、「俺は自分の星では、お前のように負け犬だった」と言ってましたね。アンとの会話のときにエディに助言して寄りを戻させようとするヴェノム、可愛すぎませんか?

最高のバディムービー

ヴェノムに寄生されたエディは、1度はアンの新しい彼氏である医師の手を借りて身体からヴェノムを取り除くことに成功します。そんな中ライフ財団に捕まる無防備なエディでしたが、他の人に寄生すればいいのに見捨てずに助けに来たヴェノムにグッときました!

その際にアンに寄生して女版ヴェノムである「シー・ヴェノム」として助けに来ましたが、そちらのバディもよかったですよね。シー・ヴェノムが主人公で1回映画を作ってほしいくらい。でもやっぱりエディ×ヴェノムのバディは最高でした。

負け犬同士がお互いの足りないところを補完しあって、格上の相手であるカールトンと彼に寄生したシンビオート・ライオットに勝利するのは、バディムービーに相応しいラストだったと思います。

ヴェノムを生かした派手なアクション

ヴェノムは日常では可愛く、戦うときはカッコイイ存在でした。

最初のただヴェノムにされるがままに操られたエディもかっこよかったですが、徐々にヴェノムの扱いや戦いに慣れていくと更にかっこよさが増したのではないでしょうか?

特に警察に追い詰められて、「マスク!」「了解!」とアイアンマンのスーツの如くヴェノムを身に纏うエディが最高でした!

トム・ハーディ好きには堪らない

トム・ハーディがヴィランを演じるといえば、「ダークナイト ライジング」の最強の敵・ベインを思い浮かべる人が多いでしょう。あれは完璧なまでの強さを見せていましたが、対してヴェノムでは弱さも見せています。

音楽をガンガンにかける隣人に何も言えなくてもがいたり、職を失い求人を片っ端から電話して全部断られたり。トム・ハーディのような屈強な男が弱い姿を見せるのって、凄いセクシーに見えませんか?

トム・ハーディの色んな表情が見られて彼のファンはもちろん、新たに彼の虜になる人も多いかと思います。

SUMCの第1弾

本作「ヴェノム」は、スパイダーマンのスピンオフシリーズ「Sony’s Universe of Marvel Characters(SUMC)」の第1弾となります。

ヴェノムのポストクレジットシーンで次の敵「カーネイジ」となる連続殺人鬼クレタス・キャサディが出てきたことで、ヴェノムも続編が作られることがわかりましたね。

マーベル初のヴィランが主役の映画だった本作が大ヒットしたことで、SUMCの先も明るそうです。

 

映画「ヴェノム」のネタバレ有解説!疑問点に答える!

次に、映画「ヴェノム」の疑問点をネタバレ有で解説していきます!

(※ネタバレを含むので、まだ本編を観ていない人は注意してください。)

シンビオートって何?

シンビオートは地球外生命体で、人間に寄生します。寄生されたものは凶暴化し、超人的な力を得ます。

クリプトナイトって何?

エディがアンにヴェノムの弱点が4000~6000Hzの周波数と火だということを伝えたときに、アンはクリプトナイトのようだと言いました。

クリプトナイトとはスーパーマンの故郷クリプトン星が崩壊したときにできた物質で、スーパーマンの弱点となります。

ポストクレジットシーンの意味は?

1つ目のポストクレジットシーンに登場した服役囚は連続殺人鬼クレタス・キャサディで、シンビオートに寄生されてヴェノムの敵・カーネイジとなる男です。

恐らく、続編の敵として登場すると思われます。

2つ目のポストクレジットシーンは、2018年アメリカ公開予定のCGアニメ映画「スパイダーマン︰スパイダーバース」の予告映像でした。

スパイダーマン3との繋がりは?

映画「スパイダーマン3」でも、エディとヴェノムは出演しています。スパイダーマン3では、エディはスパイダーマンに記事の誤報が暴かれたことで職と恋人を失い、シンビオートに寄生されると恨みからスパイダーマンの敵としてのヴェノムとなりました。

実はこちらの方が原作コミックに忠実で、本来ヴェノムはスパイダーマンの敵となる存在です。本作の「ヴェノム」ではスパイダーマン3とは全く別の世界線で描かれており、繋がりはありません。

しかし続編に出てくるカーネイジは原作ではスパイダーマンと共闘した敵なので、続編でスパイダーマンとの共演は有り得ますね!

 

映画「ヴェノム」の評判口コミまとめ!

 

まとめ

ということで、映画「ヴェノム」のネタバレ有感想・解説、評判口コミ、登場人物キャストなどまとめて紹介しました。

すごく凝ったプロットとはいえない作品ですが、このコンビをまた続編で観たい!と思わせる魅力が詰まってましたね。

今度はカーネイジとの対決、楽しみで仕方がないです!