未分類

モバイル保険とは?詳細から他サービスとの比較、評判口コミ、メリット・デメリットまでまとめて紹介するよ

この記事はこんな人におすすめ!

  • モバイル保険への加入を迷っている
  • よくスマホの画面を割ってしまう
くれい
くれい
こんにちは。

皆さんはスマホ、タブレットなどの端末にかける保険「モバイル保険」を知っていますか?

月額700円(非課税)で年間最大10万円までの修理費を何度でも補償してくれるサービスで、無線通信できる端末ならどれでも3つまで登録できます。

僕もiPhoneノートパソコンWi-Fiルーターなど持っていますが、何も保険をかけてないので、いざという時のために入ってみようかと思い、色々調べてみました。

今回は、そんなモバイル保険の詳細から他サービスとの比較、評判口コミ、メリット・デメリット、加入・保険金申請方法までまとめて紹介します!

スポンサーリンク


Contents

モバイル保険とは?

モバイル保険公式サイトより

モバイル保険とは、「さくら少額短期保険」が運営するモバイル端末にかける保険のことです。

月額700円(非課税)で、登録したモバイル端末3つまでの修理費を年間合計10万円までなら何度でも補償してくれます。

例えば、iPhoneの画面割れなんかピッタリで、年に何回も修理するとお金がかさみますが、これに入っておけば年間10万円までなら何度でも無料で修理できるということです。

くれい
くれい
僕もよく割るんだよね…

単純計算で年間8400円(非課税)払うことになるので、年間8400円以上の修理費がかかるとお得になる計算ですね。

 

モバイル保険で登録できるのは新規取得から1年未満の無線通信が可能な端末!

そんなモバイル保険に補償対象として登録できるのは、「新規取得から1年未満の無線通信が可能な端末」ということです。

一体どんなものが登録できるのか、詳しく見ていきたいと思います。

1.保険対象となる無線通信が可能な端末とは

まず、モバイル保険の対象となるのは無線通信が可能な端末。無線通信というのは、無線LANWi-FiBluetooth無線電話といったものです。

例として、以下のようなものがあります。

  • スマートフォン
  • タブレット端末
  • ノートパソコン
  • スマートウォッチ
  • モバイル音楽プレイヤー
  • 携帯ゲーム機
  • モバイルルーター
  • ワイヤレスヘッドフォン

これには、僕が持っているiPhone、ノートパソコン、Wi-Fiルーターも当てはまりますね。

また、無線通信ができないといけないので、付属品(有線イヤフォン充電器バッテリーなど)は対象外となります。

くれい
くれい
ワイヤレスイヤフォンはOK!

僕は有線イヤフォンをよく断線するので、補償されないのは少し残念です…笑

そして、これらをモバイル保険に登録するには以下の条件も満たさなければいけません。

  • 被保険者が使用、または所有する製品
  • 日本国内で販売されたメーカー純正の製品(日本法人を設立している日本国外メーカーを含む)および、移動体通信事業者で販売された製品(仮想移動体通信事業者を含む)
  • 通常生活の用に供する製品

つまり被保険者が持っていないものや、日本国外で販売されたもの、メーカー純正ではないものは登録できないということです。

また、上記の条件を満たしていても、国内での使用が認められていない端末(技適マークがないもの)や、ドローンラジコンなど離れて遠隔で操作する機器は登録できません。

技適マークとは、国内での使用が認定された無線端末に必ず付くマークのこと。無線端末本体の背面に付いていたり、設定画面から確認できたりします。

例えばiPhoneなら、「設定」→「一般」→「認証」で確認できますね。

2.新規取得から1年未満

モバイル保険に登録できるのは、新規取得から1年未満の端末です。補償対象の端末でも、登録時に新規取得から1年経過しているものは登録することができません。

僕の場合、手持ちのiPhone、ノートパソコンは購入後1年以上経っているため登録できず、手持ちのWi-Fiルーターはまだ購入して1年未満なので登録できるということになります。

なので手持ちの端末にかけるというよりは、モバイル保険は端末を新しく買ったり買い替えたりしたときに検討する保険といえますね。

3.中古端末、SIMフリー端末、格安SIM用端末も対象

中古端末、SIMフリー、格安SIM用の端末は通常キャリアの保険では補償されないので、モバイル保険の対象になるか気になると思います。

結論からいうと、中古端末、SIMフリー、格安SIM用の端末も上記の条件さえ満たせば、モバイル保険に登録できます。

中古端末の場合はそれに加え、以下の条件も満たす必要があります。

  • 国内メーカーの製品で、端末取得日から3ヶ月以上の販売店による保証がついている
  • オークションで取得したもの、友人・知人から譲渡されたものは対象外

僕は現在auでiPhoneを契約してますが、もしSIMフリー端末を購入して格安SIM(UQモバイル、mineoなど)に乗り換えたら、そのときはそのSIMフリー端末をモバイル保険に登録できるようになるという訳です。

スポンサーリンク


モバイル保険で登録できるモバイル端末は3つまで!

ここまでモバイル保険に登録できる端末の条件を紹介してきました。これで、どんな端末をモバイル保険に登録できるかわかったと思います。

そんなモバイル保険は、条件を満たした端末を1つだけでなく、主端末1つ+副端末2つの計3つも登録できるんです。

つまり、手持ちのWi-Fiルーターを登録して、なおかつ新しく買ったSIMフリースマホ、スマートウォッチも一緒に登録なんて使い方ができます。

1.マイページから簡単に登録

モバイル保険の端末登録は、加入同様ネットで簡単にできます。

「マイページ」→「登録端末変更」で、主端末、または副端末として登録します。

モバイル保険公式サイトより

では、主端末と副端末というのは一体何なのでしょうか?

2.端末の登録は「主端末」と「副端末」の2種類

主端末1つ+副端末2つの計3つ登録できるモバイル端末ですが、それぞれ以下のような違いがあります。

主端末は最大10万円、副端末は2台合わせて最大3万円、と主端末の方が修理費が多く出るので、

  • 価格が高い端末(修理費が高くつく端末)
  • または修理回数が多くなりそうな端末

を主端末に登録するのがいいです。

例えば、5000円のWi-Fiルーター、2万円のSIMフリースマホ、3万円のスマートウォッチを登録する場合は、よく画面を割ってしまう(修理回数が多い)SIMフリースマホか1番高価なスマートウォッチ、修理費用が高くなりそうな方を主端末にしましょう。

3.端末買い替え時も継続補償

こうしてモバイル保険に登録した端末ですが、スマホなど買い替えることもありますよね。

買い替えた場合は、マイページから登録端末を買い替えたものに変更するだけで引き続き継続して補償されます。

スマートフォン、タブレットの場合、キャリアを変えたり(auからdocomoなど)キャリアからSIMフリー(auからUQモバイルなど)にした場合もOKです。

1つ注意しないといけないのは、1度登録削除した端末は再登録できないので、補償がまた必要になりそうな端末は気軽に登録削除しないようにする必要があります。

 

モバイル保険は月額700円(非課税)で年間10万円までの修理費を補償!

モバイル保険は月額700円(非課税)で、登録した主端末1つ+副端末2つの計3つの端末の修理費を、3つ合計で年間10万円まで補償してくれます。

では、どんなものに修理費が出るのか、いくら出るのかを詳しく見ていきましょう。

1.補償対象となるのは破損、水没、盗難・全損

モバイル保険の補償対象となるのは破損、水没、盗難・全損が起こった場合。

破損、水没の場合は修理費(主端末は最大10万円、副端末は最大3万円)、盗難・全損といった修理が不能な場合は端末代金の一部が補償として支払われる仕組みです。

くれい
くれい
盗難補償もあるのは嬉しいね

また、以下のような事象については補償対象外となります。

  • 故意によって起こった損害
  • 日本国外で起こった損害
  • 端末の自然消耗、劣化による損害
  • 置き忘れ、紛失
  • ねずみ食い、虫食い

補償対象外について詳しくは、モバイル保険公式サイトの約款第2章「修理費用保険金の支払」第 10 条(保険金をお支払いしない場合)で見ることができますよ。

2.修理可能な場合と修理不能な場合

保険金申請すると、修理可能な場合はかかった修理費をそのまま補償してもらえばいい訳ですが、修理不能な場合はいくら貰えるのでしょうか?

修理可能な場合、修理不能な場合の補償金額は以下のとおりです。

主端末 副端末
修理可能な場合 最大10万円 最大3万円
修理不能な場合 最大2.5万円 最大7500円

これを月額700円(非課税)で、年間合計10万円までなら回数無制限で受け取れる訳です。

例えばiPhone Xの画面割れ修理費は約3万円なので、年間3回なら通常9万円かかるところを全て無料で修理できてしまいます。

3.修理費の受け取り方とキャッシュレス修理

修理費、保険金は「マイページ」→「保険金請求」から申請すると、申請日の翌日から5営業日以内に登録している銀行口座に振り込まれます。

その申請の際に必要となるのが、以下の書類です。

  • 故障状態を写した写真(撮影が困難な場合やすでに修理済みの場合は故障状況を詳しく記載)
  • 修理報告書または見積書
  • 領収書またはレシート

また、購入証明書が求められる場合もあるので、保証書領収書販売店より発行される納品書Web購入の場合はメールなどを保管しておきましょう。

これは自分でお店に修理費を払って修理してもらった場合ですが、もう1つの方法として「キャッシュレスリペア」というものがあります。

キャッシュレスリペアとは、モバイル保険のマイページから事前に申請してからモバイル保険の提携修理店に行くことで、キャッシュレスで修理してもらえるサービスです。

(キャッシュレスリペアは、iPhoneシリーズGoogle Pixelシリーズの修理のみ利用できます。)

もし近くに提携修理店がある場合は、こちらの方が支払いと保険金受け取りの作業が省かれるので、非常に楽です。提携修理店は、マイページから検索することで近くの提携修理店がわかるようになってます。

 

モバイル保険とAppleCare+、au、docomo、SoftBankとの比較!

では、モバイル保険とiPhoneの保証サービス「AppleCare+」、au・docomo・SoftbankのAndroid保証サービスにはどんな違いがあるのか、比較してみましょう。

モバイル保険 AppleCare+ au docomo Softbank
端末 iPhone,Android iPhone Android Android Android
月額 700円 約1万~2万円/年 630円 330円 650円
補償回数 無制限 2回/2年 2回/年 2回/年 無制限
登録可能台数 3台 1台 1台 1台 1台
画面割れ
全損
盗難
紛失 ×

まず月額はiPhoneの場合はモバイル保険の方が安く、Androidの場合はau・docomo・Softbankといった各キャリアの補償サービスの方が安くなってます。

このことから、どちらかというとモバイル保険はAndroidユーザーよりiPhoneユーザーの方がお得に使えるサービスといえますね。

また、補償回数はモバイル保険、Softbankが同じく無制限。何回も修理が必要になる人は、回数制限のあるサービスより無制限の2サービスを選んだ方がよさそうです。

iPhoneの補償を安く受けたい、何回も修理する可能性があるという人におすすめのモバイル保険、他に突出しているのは「登録可能台数が3台」のところですね。スマホだけでなく、Wi-Fiルーターやノートパソコンにも保険がかけられるのは嬉しいと思います。

逆にモバイル保険の欠点は、盗難以外の紛失補償がないところ。盗難補償はありますが、自分で無くした場合の補償がないので、そういった補償が欲しい人は他サービスがよさそうです。

 

モバイル保険はお得?使うメリット感想まとめ!

では実際、モバイル保険に入るのはお得になるのでしょうか?

使うメリットとモバイル保険に対しての感想を紹介していきます!

1.お金が一切かからず修理できる

まず、モバイル保険のメリットとして、年間10万円以内なら修理費を「全額」補償してくれるところが挙げられます。

先ほど紹介したように、iPhoneやスマホの修理をする場合、キャリアの補償サービスやAppleCare+では修理費の「一部」しか補償されません。月額を払っていても、修理代が安くなるだけでさらに払わないといけない訳です。

対してモバイル保険の場合は、主端末にさえ登録しておけば年間10万円まで修理費はタダ。副端末にしてしまうと年間3万円までになってしまうので、高価で頻繁に使うメインのスマホは主端末として登録しておきたいですね。

2.年間10万円までなら回数無制限で修理できる

メリット2つ目は、「回数無制限」で修理補償をしてくれるところ。

iPhoneやスマホの修理をする場合、キャリアの補償サービスやAppleCare+では年間2回まで、など補償回数が決まっています。これだと修理が安く済んでも3回目からは通常料金となってしまい、結局高額な修理費を払うということになりかねません。

モバイル保険なら年間10万円までに抑えれば何度でも修理できるので、いきなり高額な修理費が必要になるということが無くなります。

3.どこの修理店でも修理できる

他の補償サービスだと正規店のみ対応など限られていることが多いですが、モバイル保険の場合はどこの修理店で修理しても、以下の必要な書類

  • 故障状態を写した写真(撮影が困難な場合やすでに修理済みの場合は故障状況を詳しく記載)
  • 修理報告書または見積書
  • 領収書またはレシート

さえあれば修理費が補償されます。

手間を考えたらなるべく家の近くの修理店で修理したいと思うので、お店を選ばなくていいのは嬉しいですね。

4.3台まで登録できる

他の補償サービスだと1台のみしか登録できないことが多いですが、モバイル保険の場合はメイン端末に加えて、副端末として後2台登録できます。

スマホと合わせてワイヤレスイヤフォンやWi-Fiルーターなど登録しておくと、いざという時に助かりますね。

5.購入後1年未満なら加入できる

他の補償サービスだと端末を購入してすぐ(約1ヶ月以内)でないと登録できないことが多いですが、モバイル保険の場合は購入後1年未満なら登録できます。

何ヶ月か前に購入した端末に保険をかけたいと思い立つケースも多く、そういうとき他の補償サービスは対象外となってしまうので、モバイル保険の存在はかなり助かります。

 

モバイル保険は高い?使うデメリット感想まとめ!

では、逆にモバイル保険のデメリットは何なのか、感想とともに紹介していきます!

1.修理が必要なかった場合は保険料が高いと感じる

モバイル保険は月額700円(非課税)なので、年間で8400円(非課税)払う計算になります。なので、全く修理費を必要としなかった場合はこの8400円という保険料が高いと感じる可能性があります。

モバイル保険に入っていなければ、この8400円が手元に残った訳ですからね。そうやって後悔するかもしれないという人は、加入は考えた方がいいかもしれません。

僕的には、スマホをよく落として画面割れするし、電車で盗難に遭うのも心配だし、そういうことが起きれば8400円以上の損害にもなりうるので、高いとは全く思わなかったです。

2.1度修理費を用意しないといけない

修理費を年間10万円(副端末は3万円)までなら全額補償してくれるモバイル保険ですが、修理する際は自腹で払って、後から請求してその金額が振り込まれる形となります。

なので、手元にあまりお金がないという人は修理費を用意するのがきついと感じるかもしれません。

3.付属品は補償されない

モバイル保険は無線通信が可能な端末にかける保険なので、無線通信ができないバッテリー、充電器などの付属品は補償されません。

iPhoneの補償サービスであるAppleCare+ではバッテリーは補償対象になっているので、付属品の補償が欲しいという人はそちらを検討してみるのもいいと思います。

4.紛失は補償対象外

モバイル保険は、紛失した場合の補償は対象外となってます。

iPhoneの補償サービスであるAppleCare+や各キャリアの補償サービスは紛失補償が付いているので、紛失補償が欲しいという人はそちらを検討してみるのもいいと思います。

 

モバイル保険に入るべき、おすすめする人は?

  • 購入後1年未満のiPhoneを持っている人
  • AppleCare+が高く感じる人
  • スマホだけでなく、他のモバイル端末にも保険をかけたい人
  • よく画面割れなどで修理が必要になる人

 

モバイル保険に入るべきでない、おすすめしない人は?

  • Androidで安い補償サービスに入りたい
  • 付属品にも保険をかけたい
  • 紛失補償が欲しい

 

モバイル保険を使ってみた評判口コミまとめ!

 

モバイル保険の加入方法・手順を解説する

モバイル保険に加入したくなった人のために、加入方法と手順を解説していきます!

①モバイル保険のトップページにアクセスする

まずモバイル保険のトップページにアクセスし、「お申込みはこちらから」を選択します。

②「同意して申し込む」を選択する

内容を確認し、「同意して申し込む」を選択します。

③チェックボックスにチェックを入れる

内容を確認し、「重要事項説明書の内容を理解しました。」のチェックと、保険契約上の意向確認の当てはまる方のチェックを入れます。

④メールアドレスを送信する

メールアドレスを入力して送信すると確認番号が届くので、次画面でその確認番号を入力し、加入手続きを進めましょう。

 

モバイル保険の保険金申請方法・手順を解説する

モバイル保険に加入し、保険金を請求するときの申請方法と手順を解説していきます!

①モバイル保険のトップページにアクセスする

まずモバイル保険のトップページにアクセスし、「MENU」を選択します。

②マイページを選択し、ログインする

マイページを選択し、ログインします。

③「保険金請求」から保険金を申請する

モバイル保険公式サイトより

マイページ内の「保険金請求」から保険金を申請することができます。

 

まとめ

ということで、モバイル保険詳細から他サービスとの比較、評判口コミ、メリット・デメリット、加入・保険金申請方法までまとめて紹介しました。

僕の場合は手持ちのiPhoneが購入後1年以上たっていて登録できなかったので、次の買い替え時に入ってみようと思います。

登録できるモバイル機器を持っていて補償を付けたいという人は、モバイル保険はいつでも解約できるので、ぜひ加入してみてください!