海外ドラマ

海外ドラマ「24」面白いおすすめシーズンランキング!全11シーズンを感想とともに紹介するよ

この記事はこんな人におすすめ!

  • これから「24」を観ようと思っている
  • 海外ドラマ初心者
くれい
くれい
こんにちは。

アメリカで起こるテロの脅威に挑む人気海外ドラマ「24」、スピンオフを含めると全11シーズンにも及ぶので、初めて観る人はどんな順番で観ればいいか迷うと思います。

今回は、そんな人のために実際に全シーズンを観た僕が、面白いおすすめシーズンランキングを見どころと感想とともに紹介します。

ちなみに海外ドラマ「24」シリーズの動画を観たい人は、動画配信サービス「Amazonプライムビデオ」ならたった月額500円(税込)で全シーズンが見放題なのでおすすめです。

くれい
くれい
どの動画配信サービスより安く観られるよ

初回30日間は無料で利用できる(その間に解約すればお金は一切かからない)ので、気になったら気軽に登録してみましょう!

本ページの情報は2019年4月1日時点のものです。最新の配信状況はAmazonプライムビデオのサイトにてご確認ください。

海外ドラマ「24」とは?

海外ドラマ「24」は、2001年からアメリカで放送されている人気ドラマシリーズ。

テロ対策ユニット」通称「CTU」というアメリカの政府機関(ドラマ内の架空機関)で働く捜査官ジャック・バウアーが、アメリカで起こるテロに命懸けで挑む物語です。

このドラマの特徴はタイトルで「24」とあるように、24時間の出来事を1シーズン(1話1時間×24時間)でリアルタイムに描いているところにあります。

ドラマと物語の時間の進みを一緒にすることによって、より深く物語に入り込め、他のドラマでは味わえない臨場感を味わうことかできるのです。

 

海外ドラマ「24」はスピンオフ含めて全11シーズンある

海外ドラマ「24」はスピンオフ作品「24:レガシー」を含めて、以下の11シーズンが放送されました(放送日時順)。

  • 24 シーズン1
  • 24 シーズン2
  • 24 シーズン3
  • 24 シーズン4
  • 24 シーズン5
  • 24 シーズン6
  • 24 リデンプション
  • 24 シーズン7
  • 24 シーズン8
  • 24 シーズン9(リブ・アナザー・デイ)
  • 24:レガシー シーズン1

それぞれ24時間の物語を1話1時間(CM除くと45分ほど)×24話でリアルタイムに描いていますが、「24 リデンプション」は2時間の物語を描いた映画版となっています。

また、シーズン1~9まではキーファー・サザーランド演じるジャック・バウアーが主人公ですが、2017年2月からスピンオフとして放送された最新作「24:レガシー」からはコーリー・ホーキンズ演じるエリック・カーターに主人公が代わりました。

エリック・カーターは陸軍特殊部隊「レンジャー」の元兵士だった黒人で、かつての仲間や自身を狙ってくるテロリストと戦うことになります。

しかし「24:レガシー」はシーズン1で終了してしまい、現在は以下の新シリーズが企画進行中とのことです。

  • 主人公を女性検事としたスピンオフシリーズ
  • ジャック・バウアーの過去を紐解く前日譚シリーズ

どちらもジャック・バウアー役のキーファー・サザーランドがまた出演することは無さそうで、シーズン9が彼にとって最後の出演となっています。

シーズン1~最新シーズンまでのあらすじ

主人公のジャック・バウアーは妻のテリーと娘のキムと暮らし、「CTU(テロ対策ユニット)」という政府機関の捜査官として働いている。

2002年3月のアメリカの大統領予備選挙戦当日、アメリカ初の黒人大統領候補であるデイビッド・パーマー議員が暗殺されるという情報により、CTUのメンバーが招集。

ここからジャック・バウアーたちCTUメンバーとテロリストとの熾烈な戦いが始まることになる(シーズン1~8)。

そして何度もアメリカを救ったジャック・バウアーは、2020年9月某日、再び大統領暗殺の情報を入手しロンドンに再び現れた(シーズン9)。

一方、イエメンでテロリストの首謀者を殺害した陸軍特殊部隊「レンジャー」の元兵士エリック・カーターは、その6ヶ月後アメリカでテロリストの襲撃を受ける(24:レガシー)。

 

海外ドラマ「24」全シーズン通しての見どころと魅力

では、まずは海外ドラマ「24」全シーズン通しての見どころと魅力から紹介していきます!

1.同時進行のストーリー

24では主人公のジャック・バウアー視点を中心に、ジャックの家族視点、大統領視点、テロリスト視点など様々な視点からのストーリーが「リアルタイム」で同時進行していきます。

最初は個々に動いていたそれぞれのキャラクターたちが次第に絡み合っていき、全てを巻き込んだ衝撃のラストは必見。

リアルタイムだからこそ1話1話流れるように繋がっており、一気見してしまうのも人気の要因です。

くれい
くれい
寝不足注意!w

何気ない日常シーンの裏で、誘拐や爆破テロ、バイオテロが進行していくそのリアリティあるストーリーは怖くもあり、思わず見入ってしまいます。

2.最強捜査官ジャック・バウアー

そして、そんなテロに立ち向かうのが、最強捜査官のジャック・バウアー。

ドラマを観たことがない人も、芸人さんのジャック・バウアーのモノマネで「大統領ぉぉぉ!!!」というセリフを耳にしたことがある人は多いかもしれませんね。

このドラマが人気なのは、主人公のジャック・バウアーが人気だからと言っても過言ではありません。

射撃や体術といった戦闘能力の高さで次々と敵を倒していく「アクション」はスカッとして、手に汗握ること間違いなし。

愛国心の固まりのような男で頼れるヒーローな反面、任務達成のためならルールは守らず脅迫や拷問・殺害も行う「バイオレンス」な一面にも釘付けになるでしょう。

また、娘キムを溺愛する涙もろい父親という一面もあり、親子関係で苦労する「ドラマ」にも視聴者は共感できるのです。

3.メインキャラの死

ジャック・バウアーはその戦闘能力でテロリストを捕まえていきますが、戦いには犠牲も伴います。

24ではメインキャラであっても戦いに巻き込まれて死んでしまうことが多々あり、次は誰が犠牲になってしまうのかというスリリングな展開も見逃せません。

まさに一喜一憂、ジャック・バウアーと一緒にその悲しみを分かち合いましょう…。

4.衝撃の黒幕

犠牲を出しながらもテロリストの黒幕に迫っていくジャック・バウアーは、各シーズンで衝撃の黒幕に辿りつきます。

くれい
くれい
それは意外に身近な人物なのかも!?

序盤から誰が怪しいのかという「推理」をしながら、観てみると2倍楽しめると思います!

 

海外ドラマ「24」面白いおすすめシーズンランキングを感想とともに紹介する

では、実際に海外ドラマ「24」を全シーズン観た大ファンの僕が、本当に面白いおすすめシーズンランキングを感想とともに紹介していきます!

1位 24 シーズン1

何だかんだで結局このシーズン1が1番面白い。

どうも好きになれるキャラクターが少ないこのドラマですが、このシーズンのもう1人の主人公といえる「パーマー大統領候補」は頼りがいがあって正にアメリカのリーダーに相応しい男ですし、疑われがちなジャックをいつも信頼してくれるのでかなり好きなキャラクターの1人でした。

また、このシーズン以降メンバーが変わりゆく「CTU」も、このシーズンのジャック、トニー、ニーナの「BIG3」ともいえる最強の3人がやっぱ1番ワクワクしてよかったと思います。

シナリオも最後の黒幕から悲痛なラストまで、悲しくも「衝撃度」は1番高かったシーズンではないでしょうか。

しかし、ジャックの娘キムの行動にはマジでイライラさせられるので注意です。何故余計なことばかりして、自らトラブルに巻き込まれに行くのか…(泣)

カリフォルニア州での大統領予備選挙戦当日の24時間が舞台。アメリカ合衆国で初めての黒人の大統領候補・デイビッド・パーマー議員が、今後24時間以内に暗殺されるとの情報が入り、ジャック達主要メンバーが召集をうける。また、ジャックにはCTU内の内通者(裏切者)捜査の極秘命令を受ける。

出典:24 -TWENTY FOUR – ウィキペディア

予告編を観てみる本編を観てみる

本ページの情報は2019年4月1日時点のものです。最新の配信状況はAmazonプライムビデオのサイトにてご確認ください。

2位 24 シーズン5

衝撃度ならこのシーズン5も負けてはいません。なんといっても、冒頭であのパーマー元大統領が殺されてしまうんですから。

対するローガン現大統領はなんでこんなヤツがリーダーなんだ…というほど、ダメダメぶりが酷くひたすら嫌悪感でした。

くれい
くれい
パーマー帰ってきてー!

そして今回の黒幕は、ある意味シーズン1よりも厄介かもしれません。

そんな黒幕によって最後の最後まで絶望的な状況で、最終話でジャックが取る「ある一発逆転の方法」には驚いたし、本当に今回ばかりはダメかと思ったのでマジでガッツポーズしました(笑)

しかしそこからの急転直下の悲痛なラスト…。この感じはシーズン1に似ているので、シーズン1好きな人はシーズン5も絶対好きだと思います。

シーズン4から18ヶ月後のある1日が物語の舞台。中国政府に追われる立場となったジャックは「フランク・フリン」と名前を変え、日雇いの仕事をしながらダイアン・ハクスリーとその息子デレクと生活していた。一方、元大統領のパーマーはロサンゼルスで弟のウェインと共に回想録を執筆中にテロリストによって狙撃され死亡。パーマーの暗殺直後、ミシェルとトニーもテロリストに狙われ、ミシェルは死亡、トニーは重傷を負う。

出典:24 -TWENTY FOUR – ウィキペディア

予告編を観てみる本編を観てみる

本ページの情報は2019年4月1日時点のものです。最新の配信状況はAmazonプライムビデオのサイトにてご確認ください。

3位 24 シーズン3

シーズン3はシリーズ唯一の「バイオテロ」を防ぐ物語。その今までとは違った恐怖が、CTUを更に苦しめることに。+ジャックが麻薬中毒に陥っているという危機もあって、緊迫感はシリーズ中1番かと思います。

しかし、CTUもメンバーがガラッと変わって、また違った強さを見せてくれるんです。

今回が初登場となるクロエは、シーズン9までジャックと共闘する戦友であり、情報処理の天才。シーズン8ではCTU臨時支部長も任される頼もしい彼女ですが、今シーズンではプレッシャーに弱かったり人付き合いが苦手だったり初々しい姿を見ることができます。

そこが人気の理由でもありますけどね。

また、ジャックの娘キムがCTUスタッフになっていたり、ジャックの新しい相棒チェイスが彼女と付き合っていたりと人間関係の変化にも注目です。

シーズン2から3年後のある1日が物語の舞台。生物兵器として改良された強力な病原菌に感染した死体が、ロサンゼルスにある国立衛生局の前に捨てられた。ジャックの娘・キムはCTUのスタッフとして勤務しており、同僚とともに、病原菌の出所の調査を始める。

出典:24 -TWENTY FOUR – ウィキペディア

予告編を観てみる本編を観てみる

本ページの情報は2019年4月1日時点のものです。最新の配信状況はAmazonプライムビデオのサイトにてご確認ください。

以上のシーズン1、5、3はシリーズ中でも飛び抜けて面白かったので、まずはこの3シーズンを観るのをおすすめしたいです。

4位 24 シーズン4

シーズン4も安定して面白いです。

それもそのハズ。パーマー大統領、ローガン副大統領、ヘラー長官、その娘オードリー、トニー、クロエといった政界とCTUの新旧人気キャラクターが勢揃いのシーズンだから。

特にこれといった見どころはないのが欠点ですが、これから深く関わることになるジャックとオードリーの関係性には注目ですね。

個人的に好きなのは、いつもパソコンの前にいるクロエが珍しく銃を持って戦闘するシーンがあるところ。クロエやるやん!って思いました(笑)

シーズン3から18ヵ月後のある1日が物語の舞台。ジャックは麻薬中毒だった過去を上官に「弱点になる」と指摘されCTUを解雇され、国防長官の特別補佐官として働いていた。1年前にCTUを解雇されて以来初めて、国防長官代理としてCTU LA支局を訪れたジャックは その日の朝に発生した列車爆破事件の実行犯と遭遇。犯人から本当の狙いが国防長官の拉致だと聞き出したジャックは、長官に避難するよう知らせる。

出典:24 -TWENTY FOUR – ウィキペディア

予告編を観てみる本編を観てみる

本ページの情報は2019年4月1日時点のものです。最新の配信状況はAmazonプライムビデオのサイトにてご確認ください。

5位 24 シーズン7

シーズン7は、ジャックとトニーがメインとなるシーズンなので、トニーファンには堪らないかと。

そして新キャラクターのFBI捜査官「ルネ」もすごくいいキャラで、続いて出演するシーズン8もぜひ合わせて観てほしいです。ジャックとルネの固い絆はマジで泣けます…。

このシーズンは個人的に好きなトニーとルネが活躍するので、この順位となりました。

リデンプションから2ヵ月後。舞台はワシントンD.C.。シーズン6と7の間に、CTU(テロ対策ユニット)は解体されている。上院の公聴会で、過去にCTUにおいて行った違法な拷問についての責任追及を受けていたジャックは、急遽FBIのルネ・ウォーカーに緊急の捜査協力を依頼される。それは過去数週間に起きたIT関連製品盗難、および直前に起きた全米インフラ保護システム開発者:マイケル・レイサムの誘拐に関連するもので、テロリストが全米の通信網、交通網などを乗っ取る計画を阻止することだった。

出典:24 -TWENTY FOUR – ウィキペディア

予告編を観てみる本編を観てみる

本ページの情報は2019年4月1日時点のものです。最新の配信状況はAmazonプライムビデオのサイトにてご確認ください。

6位 24 リデンプション

このリデンプションは、シーズン7に繋がる2時間ぽっきりの特別編。

シーズン7に繋がる伏線もあるので、シーズン7を「観る前に」必ず観ておきましょう。

物語のシーズン6から3年8ヶ月後で舞台はアフリカのサンガラと、アメリカのワシントンD.C.。オードリーと別れ、人間らしい生活を全て失ったジャックは、アメリカを離れ放浪の果て特殊部隊時代の同僚で、現在は、内戦で親を失った孤児達のために学校を運営しているカール・ベントンの元に人目を忍ぶように身を寄せていた。ある日、武装集団が来襲し、子供達を拉致しようとする。政情不安なサンガラでは、反白人主義のグループが身寄りのない子供を集めては洗脳し内戦のための兵士を仕立てていた。

出典:24 -TWENTY FOUR – ウィキペディア

予告編を観てみる本編を観てみる

本ページの情報は2019年4月1日時点のものです。最新の配信状況はAmazonプライムビデオのサイトにてご確認ください。

7位 24 シーズン2

シーズン2は、ニーナがシーズン1に引き続き出演するのでもうそれだけで面白い。

シーズン1の悲痛なラストからジャックがどう立ち直っていくのか、というのも見応えがあります。

キムにイライラさせられるのもシーズン1同様…といった感じ(笑) パーマー、トニーも健在で初期メンバー好きには堪らないシーズンです。

シーズン1から18ヶ月後のある1日が物語の舞台。妻テリーの死を未だ引きずるジャックは、CTUを休職・キムとも離れ、ひとりで失意の日々を送っていた。一方、デイビッド・パーマーはアメリカ合衆国初のアフリカ系アメリカ人の大統領として活躍。久々の休暇を満喫していたパーマーのもとに「24時間以内にテロリストがロサンゼルスで核爆弾を爆発させる」という情報が届く。

出典:24 -TWENTY FOUR – ウィキペディア

予告編を観てみる本編を観てみる

本ページの情報は2019年4月1日時点のものです。最新の配信状況はAmazonプライムビデオのサイトにてご確認ください。

8位 24 シーズン9(リブ・アナザー・デイ)

シーズン9は、ジャックとクロエがメインのシーズンに。クロエファンにおすすめしたいシーズンです。

しかし、クロエがきついメイクになっていたりまさかの国を裏切っていたりとかなり変わってしまっているので注意。

これには深い理由があるのですが、これはぜひ本編を観てください。

全12話でぎゅっと凝縮された内容ですが、ヘラーが大統領になっていたりジャックとオードリーとの再会だったりクロエの過去だったり内容はかなり濃いです。

ジャックが出演する「24」は本当にこれが最後ということで、まだ続きがありそうなラストを観せられると続きが観たくなるじゃん!と思いました…。

シーズン8から4年後。舞台はロンドン。反逆罪、殺人罪で国際指名手配されているジャック・バウアーは、大統領暗殺の情報を入手し、テロの阻止およびCIAに拘束された仲間の救出のため、ロンドンに姿を現す。

出典:24 -TWENTY FOUR – ウィキペディア

予告編を観てみる本編を観てみる

本ページの情報は2019年4月1日時点のものです。最新の配信状況はAmazonプライムビデオのサイトにてご確認ください。

9位 24:レガシー

「24」で初めてジャック以外が主人公になったスピンオフ作品。

気になる出来はというと、かなり面白いです。しかもトニーも出演していて、いい感じでクロスオーバーしています。

主人公はウォーキング・デッド」のヒース役あるコリー・ホーキンズという人で、TWDファンの僕にとってはグッドなキャスティングでした。

なのに、シーズン1で打ち切り…という中途半端な作品になってしまったので低めの順位となりました。

くれい
くれい
続いてほしかったなぁ

6ヶ月前、イエメンでテロリストの首謀者を殺害した陸軍特殊部隊のエリート、エリック・カーター。その後アメリカの地で突如襲撃を受けたエリックは、自身だけでなく家族の命、そして国家までもが危険にさらされていることを知り、作戦を指揮した元CTU(テロ対策ユニット)局長レベッカ・イングラムに警鐘を鳴らす…。

出典:24 -TWENTY FOUR – ウィキペディア

予告編を観てみる本編を観てみる

本ページの情報は2019年4月1日時点のものです。最新の配信状況はAmazonプライムビデオのサイトにてご確認ください。

10位 24 シーズン6

シーズン6は駄作と言われがちですね。確かにそこまで盛り上がりはないです(笑)

僕的には、シーズン5の悲痛なラストからどう物語が続くか気になってしょうがなかったので、その続きが見られるだけでも満足はできました。

内容的には、今までいろんな身内から裏切り者が出てきましたが、また意外すぎる黒幕が明らかになります。

そしてジャックの父と弟の登場や、娘キムとの関係など、ジャックの「家族」がテーマになっているシーズンでもありますね。

家族というのは改めて難しいものだと痛感させられる物語で、最強と思われたジャックの「弱み」にもとことんフォーカスされて、地味ですが深いシーズンです。

シーズン5から20ヶ月後のある1日が物語の舞台。アメリカ国内は自爆テロが頻発し、アメリカ政府や国民の間では恐怖と中東系市民への警戒心が高まっていた。そんな中ジャックが、アメリカ政府と彼を監禁していた中国政府との交渉により帰国を果たす。しかしジャックが連れ戻された理由は、テログループ内部の者による、グループリーダーとされるアサドの居所を教える代わりにジャックを差し出す、という提案を政府が呑むためだった。

出典:24 -TWENTY FOUR – ウィキペディア

予告編を観てみる本編を観てみる

本ページの情報は2019年4月1日時点のものです。最新の配信状況はAmazonプライムビデオのサイトにてご確認ください。

11位 24 シーズン8

そしてそんな「家族」と、テロからアメリカを守るという「使命」の間で揺れに揺れたのがシーズン8。今シーズンの始まりでは、ジャックはCTUを引退して娘キムと孫テリーと3人で平和に暮らしています。

今まで散々な目に遭ってきたジャックをシーズン1から観てきた視聴者にとって、こんな心が温まるシーンはないですよね。

これがこのドラマの最終回でいいんじゃないの?と思ったほどです。

ちなみにシーズン9もありますが、本当はこのシーズン8がファイナルシーズンで、シーズン9は付け足された復活版。

なので、ラストに相応しいシリーズ最強の敵が出てきます。そういった面では面白いといえば面白いですが、正直流れが同じすぎてマンネリだなーという感想でした…。

くれい
くれい
ファイナルにしては物足りない…

シーズン7から18ヶ月後。舞台はニューヨーク。キムによる幹細胞治療で回復したジャックは、政府の仕事を辞めキムとの関係を改善し孫娘のテリーらキムの家族と共に過ごそうと決めていた。だが、そこにジャックが現役当時に使っていた情報屋のヴィクターが、何者かに襲われ、傷ついた姿で転がり込んでくる。彼はジャックに、アメリカのテイラー大統領とカミスタン共和国大統領のハッサンによる中東和平協定締結を阻止しようとするグループがハッサン暗殺を企て、すでに計画が進行中であることを知らせる。

出典:24 -TWENTY FOUR – ウィキペディア

予告編を観てみる本編を観てみる

本ページの情報は2019年4月1日時点のものです。最新の配信状況はAmazonプライムビデオのサイトにてご確認ください。

海外ドラマ「24」の見放題配信はAmazonプライムビデオで!

Amazonプライムビデオ」は海外ドラマ「24」全シーズンが、たった月額500円(税込)で見放題の動画配信サービス。

「Hulu」でも見放題配信されていますが月額1007円(税込)なので、24シリーズを観るなら最安で全シーズン見放題の「Amazonプライムビデオ」がおすすめです。

また、初回の30日間は無料で利用できるので、その間に解約すれば無料の期間だけで利用もできます(その場合はお金は一切かかりません)。

この作品以外にも映画、TVドラマ、アニメ、バラエティなどの見放題が楽しめるので是非この機会に使ってみてくださいね!

本ページの情報は2019年4月1日時点のものです。最新の配信状況はAmazonプライムビデオのサイトにてご確認ください。

まとめ

ということで、海外ドラマ「24」シリーズの面白いおすすめシーズンランキングを見どころと感想とともに紹介しました。

スピンオフ作品の企画が進行中だったり、2020年には日本版リメイクも決定していたりと、まだまだ「24」旋風は続きそうでますます目が離せません。

まだ観たことが無かったり途中までしか観ていないという人は、当記事を参考に全シーズン制覇してみてください!

本ページの情報は2019年4月1日時点のものです。最新の配信状況はAmazonプライムビデオのサイトにてご確認ください。