au PAY

au PAYとは?使い方、メリット、デメリット、口コミ評判まとめ【インストールから支払い方法まで】

この記事はこんな人におすすめ!

  • au PAYが気になっている
  • どのQRコード決済アプリを使うか迷っている
くれい
くれい
こんにちは。

auから新しいQRコード決済アプリ「au PAY」がリリースされ、使ってみようと思っている人は多いですよね。

結論から言うと、「auスマートパスプレミアム会員」と「三太郎の日」が特にポイント還元率が高くなってお得に使えました。

今回は、そんなau PAYの使い方、メリット、デメリット、口コミ評判までまとめて紹介します!

スポンサーリンク


au PAYが2019年4月9日にサービス開始!

au PAYとは、auユーザーだけが使えるQRコード決済アプリ。au同様、運営しているのは「KDDI株式会社」です。

キャッシュレス社会が進みQRコード決済アプリが各社から乱立する中、2019年4月9日(水)にスタートしました。

1.QRコード決済アプリとは

そもそもQRコード決済アプリとは、スマホの画面でQRコードを表示させてレジで読み込んでもらうことによって決済できるアプリのことです。

レジにあるQRコードをスマホのカメラで読み込むことで、決済することもできます。

お金は銀行口座やクレジットカードからチャージした金額から引かれるプリペイド方式で、残金が足りなくなった場合は自動でチャージされる機能もあります。

 2.決済はau WALLETで

au PAYでの決済は、au WALLETの残高から引かれます。

au WALLETは元々au WALLETカードで支払う電子マネー機能でしたが、au PAYで支払うことでスマホのみで決済可能となりました。

au WALLET(au PAY)のチャージ方法は、以下のとおりです。

  • auかんたん決済(オートチャージ可)
  • じぶん銀行(オートチャージ可)
  • クレジットカード
  • au WALLETポイント・auポイント
  • auショップ(現金・au WALLETチャージカード)
  • ローソン(現金)

3.楽天との業務提携を生かし加盟店拡大

au PAYを運営するKDDI株式会社は、楽天株式会社と業務提携をしています。

楽天株式会社は既に120万もの店舗で利用できるQRコード決済アプリ「楽天ペイ」を運営しており、au PAYは楽天ペイと決済プラットフォームを共用することで、楽天ペイの全加盟店で利用できます。

通常リリースしてすぐは加盟店が少ない状態から始まるQRコード決済アプリですが、au PAYはそういった理由で多くの加盟店で利用することができるんです。

 

au PAYの使い方【インストールから支払い方法まで】

では、au PAYはどうやって利用するのか、アプリのインストールから支払い方法まで解説していきます。

この手順はauユーザー専用なので、auユーザー以外は「au PAY」がau以外のお客さまもご利用可能に!を参考に使ってみてください。

①au WALLETカードを申し込む

auユーザーがau PAYを利用するにはau WALLETプリペイドカードを持っている必要があるので、持っていない場合はau WALLET公式サイトから申し込みます。

②au WALLETのアプリをインストールする

au PAYはau WALLETのアプリ内の機能なので、インストールしていない人はau WALLET公式サイトから「au WALLET」というアプリをインストールします。

アプリを開くとau PAYの規約に同意する必要があるので、規約画面で「規約の内容に同意する」にチェックを入れて「同意して次へ」を選択します。

セキュリティ設定で「設定する」を選択すると、QRコードを表示するときにパスワードや指紋が必要になるのでおすすめです。

③お金をチャージする

au PAYで支払えるのは、au WALLETの残高内の金額です。

なので、まずはau WALLETにお金をチャージしましょう。

au WALLETアプリのHOME画面の「チャージ(入金)」または「ポイント入金」から、au WALLET(au PAY)にお金をチャージできます。

また、「チャージ(入金)」→「オートチャージ設定」でオートチャージの設定をしておけば、支払い時にau WALLETの残高が足りなくなっても自動でチャージしてくれて便利です。

④QRコードを表示する

お金をチャージしたら、いよいよ支払いです。

レジでの支払いの前にau WALLETアプリを開き、「コード支払い」を選択してQRコードを画面に表示しておきます。

また、QRコードの有効期限は表示してから5分間となっています。

⑤QRコードを提示して支払う

あとは、支払い時に「au PAYでお願いします」と言って画面のQRコードを提示してスキャンしてもらえば支払い完了です。

スポンサーリンク


au PAYのメリットを使った感想と共に紹介する

では、au PAYにはどんなメリットがあるのでしょうか?

実際に使った感想とともに紹介していきます。

1.au WALLETポイントが使える

まず、au PAYはauのポイントが使える“唯一”のQRコード決済アプリです。

auのポイントが貯まっていてQRコード決済アプリで消費したい、という人にはピッタリでしょう。

元々au WALLETプリペイドカードでauのポイントを支払いに使うこともできましたが、カードを持っていかないといけないのが面倒でした。

実際にau PAYを使ってみましたが、やはりスマホだけで決済が済むのでau WALLETプリペイドカードを使っていた人はぜひこの快適さを体感してほしいと思います。

2.auスマートパスプレミアム会員だと更にお得に

au PAYのポイント還元率は0.5%、つまり200円の支払いにつき1ポイント(=1円)のau WALLETポイントが付きます。

これが高いか低いかというと、他の主要QRコード決済アプリと同じなので平均的な還元率といえます。

通常ポイント還元率
au PAY 0.5%
LINE Pay 0.5%
PayPay 0.5%
楽天ペイ 0.5%

これだと特にお得感は感じられないau PAYですが、auスマートパスプレミアム会員だとポイント還元率が常時1.5%になるんです。

これだと200円につき3ポイントとなり、他のQRコード決済アプリよりお得に利用できます(他社のキャンペーン除く)。

また、auのお得なキャンペーンが行われる毎月3の付く日(3、13、23日)「三太郎の日」にauスマートパスプレミアム会員がau PAYを使うと、ポイント還元率はボーナス分の17.5%が付与されて最大20%になります。

(※三太郎の日の特典ポイントは、月間合計5000ポイントが上限です。)

20%という還元率は、他社のキャンペーンと比べても十分な高還元率です。

auスマートパスプレミアムは他にもお得な特典がたくさんあるので、これを機に登録してみるのもいいのではないでしょうか?

3.ポイント還元率増額キャンペーンも豊富

auスマートパスプレミアム会員以外でも、au PAYのポイント還元率増額キャンペーンを活用することでお得にQRコード決済を利用することができます。

最新のキャンペーン一覧は、公式サイトのキャンペーン一覧ページでチェックできます。

auスマートパスプレミアム非会員でも、自分が使えるキャンペーンを見つけたらどんどん活用していくとお得に使えると思います。

 

au PAYのデメリットを使った感想とともに紹介する

ここまでau PAYのメリットを紹介してきましたが、逆にデメリットはどんなことが挙げられるのでしょうか?

実際に使った感想とともに紹介していきます。

1.スマパス会員、三太郎の日はお得だが…

au PAYの最大のメリットは、auスマートパスプレミアム会員が常時1.5%、三太郎の日はauスマートパスプレミアム会員が最大20%とポイント還元率が高くなることだと思います。

なので、逆にauスマートパスプレミアム非会員が三太郎の日以外で利用するという用途については、普通のQRコード決済アプリといった印象です。

そういった用途で使いたい人は、もし他のQRコード決済アプリで0.5%より高いポイント還元率にできるならそちらがいいかもしれません。

とはいえau PAYは、au WALLETポイントやauかんたん決済でチャージできるなどauユーザーには使い勝手がいいサービスとなっているので、試しに1度使ってみるのもいいですね。

 

au PAYみんなの口コミと評判は?

 

まとめ

ということで、au PAYの使い方、メリット、デメリット、口コミ評判までまとめて紹介しました。

auユーザーの人は、au WALLETポイント、auスマートパスプレミアム、三太郎の日、ポイント還元率増額キャンペーンを利用して使ってみましょう!