飲食店 PR

松屋の券売機(新型)の使い方を手順別に解説!使いにくいという声がある理由は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

この記事はこんな人におすすめ!

  • 近所の松屋に券売機(新型)が導入された
  • 松屋の券売機(新型)の使い方を知りたい
くれい
くれい
こんにちは。

牛めしをはじめとしたメニューで有名な飲食チェーン店の松屋ですが、最近UIを一新した新型の券売機が導入されています。

しかし、旧型より使いにくいという人もいたり、使い方がわからない人も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな松屋の券売機(新型)の使い方と、使いにくいという声がある理由をまとめて紹介します!

松屋の券売機(新型)を使いたい!

松屋は全国展開の飲食チェーン店で、牛めしなどの人気メニューで有名です。

牛めし以外にも丼物や定食も美味しいですし、テイクアウトもあるので家での食事にも便利ですよね。

そんな松屋では、注文で券売機またはモバイルオーダーを使う必要があります。

松屋の注文方法には何がある?

松屋の店内での注文方法は、以下の2つがあります。

  • 券売機
  • モバイルオーダー

また、松屋のテイクアウトの注文方法は、以下の4つがあります。

  • 券売機
  • モバイルオーダー
  • 電話で予約注文する
  • ネット(松弁ネット)で予約注文する

この中でも、多く使うのが店内に設置されている「券売機」だと思います。

そんな松屋の券売機ですが、今までは横画面の旧型が主流でしたが、最近は縦画面の新型が導入されています。

券売機の旧型と新型の違いは?

松屋の券売機の旧型と新型の違いは、以下のとおりです。

操作方法画面
券売機(旧型)タッチパネル横型
券売機(新型)タッチパネル縦型

松屋の券売機は旧型からタッチパネル式で、新型になってもタッチパネル式で操作方法は大きく変わってはいません。

しかし、画面が横型から縦型になったことにより、画面が見やすくなったり、操作感が変わったと感じる人もいると思います。

そんな新型の券売機ですが、まだ使い方がわからない人も多いと思うので、次に券売機(新型)の使い方を解説していきます。

 

松屋の券売機(新型)の使い方を解説【カートに追加する方法】

では、松屋の券売機(新型)を使ったことがない人や使い方を覚えてない人のために、券売機(新型)の使い方を解説します。

まずは、カートに追加する方法から解説していきます。

①「店内」または「お弁当」を選択する

まず、松屋の店内にある券売機の前の列に並び、順番を待ちます。

自分の順番が来たら、券売機の画面で店内で食べる場合は「店内」、テイクアウトする場合は「お弁当」を選択します。

(※下の画像はイメージ画像です。)

②注文するメニューのカテゴリーを選択する

次に、注文するメニューのカテゴリーを選択します。

(※下の画像はイメージ画像です。)

③注文するメニューを選択する

次に、メニューの中から注文するメニューを選択します。

(※下の画像はイメージ画像です。)

④注文する数量とサイズを選択する

メニューを選択したら、注文する数量とサイズを選択します。

(※下の画像はイメージ画像です。)

⑤注文するメニューをカートに追加する

数量とサイズを選択したら、「カートに追加」を選択してメニューをカートに追加します。

(※下の画像はイメージ画像です。)

この際、セットで注文したいメニューがあれば、そのメニューを選択してから「カートに追加」を選択すれば、セットでカートに追加することができます。

また、「もう一品」を選択すると、もう一品におすすめのメニューが表示されるので、注文したいメニューがあれば一緒にカートに追加することもできます。

⑥「注文する」を選択する

他にも注文したいメニューがあれば、注文したいメニューを選択して「カートに追加」からカートに追加します。

(※下の画像はイメージ画像です。)

注文したいメニューを全てカートに追加したら、「注文する」を選択します。

 

松屋の券売機(新型)の使い方を解説【お会計をする方法】

ここまでの操作でカートへの追加が終わったので、次はお会計の操作です。

次に、松屋の券売機(新型)の使い方の中で、お会計をする方法を解説していきます。

①dポイントカードの有無を選択する

「注文する」を選択したら、dポイントカードを読み取ります。

dポイントカードを持っている場合は「はい」、持っていない場合は「いいえ」を選択し、dポイントカードを読み取り機で読み取ります。

②支払い方法を選択してお会計する

使える支払い方法が表示されるので、使いたい支払い方法を選択してお会計します。

松屋の券売機(新型)で使える支払い方法は、以下のとおりです。

  • 現金
  • 交通系IC
  • クレジットカード
  • QRコード決済(PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、J-Coin Pay、d払い、au PAY、QUOカードペイ、メルペイ、ゆうちょPay、AEON Pay、WeChat Pay、Alipay)
  • 電子マネー(nanaco、楽天Edy、iD、QUICPay)

③発券された食券を受け取る

お会計が完了したら、発券された食券を受け取ります。

あとは食券の番号が呼ばれたら、「ご提供口」で食券を渡して注文したメニューを受け取ります。

また、店内で食事した場合は、食事後に食器を「食器返却口」に返します。

 

松屋の券売機(新型)が使いにくいという声がある理由は?

ここまでで、松屋の券売機(新型)の使い方はわかったと思います。

しかし、松屋の券売機(新型)は使いにくいという声もあるので、使いにくいという声がある理由として考えられる理由を紹介します。

1.「注文する」のボタンがわかりにくい

1つ目は、「注文する」のボタンがわかりにくい点です。

松屋の券売機(新型)では、元々注文画面の下部にあるボタンが、左から「注文する」「戻る」「全取消」という配置でした。

通常セルフレジでは「注文する」などの次の画面に進むボタンは右に配置されていることが多いので、左に「注文する」のボタンがあったり、右に「全取消」のボタンがあることで使いにくいと感じていた人が多かったかもしれません。

しかし、現在では左に「戻る」のボタン、右に「注文する」のボタンという配置に改善されているので、この理由で使いにくいと感じる人は現在はいなそうですね。

2.カートに追加した商品を確認するのがわかりにくい

2つ目は、カートに追加した商品を確認するのがわかりにくい点です。

松屋の券売機(新型)では、元々カートに追加した商品の一覧は画面上部に「選択リスト」として文字だけで表示される仕様でした。

文字だけでわかりにくいと感じていたり、「注文する」のボタンが画面下部にあるのに、カートに追加したメニューは画面上部に表示されるということで、視覚的にわかりにくいと感じていた人もいたかもしれません。

しかし、現在はカートに追加した商品は、画面下部に商品写真とともに表示されるようになり、かなり見やすいですし、自分が何をカートに入れたのかわかりやすくなりました。

なので、この理由で使いにくいと感じる人は現在はいなそうですね。

3.「ご一緒にいかがですか?」の画面がわかりにくい

3つ目は、「ご一緒にいかがですか?」の画面がわかりにくい点です。

松屋の券売機(新型)では、注文するメニュー、数量とサイズを選択すると、「ご一緒にいかがですか?」という画面が表示され、セットメニューやもう一品のメニューの提案が表示されます。

(※下の画像はイメージ画像です。)

この段階ではまだメニューはカートに追加されていないので、この画面で「カートに追加」を選択することでメニューをカートに追加することができます。

この画面はセットメニューを注文する人には便利ですが、単品を注文する人にとっては少しわかりにくいかもしれませんね。

個人的には、単品をよく注文するので、サイズを選択した時点でカートに追加できると操作が1つ減って便利だと思いました。

 

まとめ

ということで、松屋の券売機(新型)の使い方と、使いにくいという声がある理由をまとめて紹介しました。

松屋に行く機会がある人は、当記事を参考に券売機を使ってみてください!