アニメ PR

薬屋のひとりごとで声優の変更があったキャラ、理由を紹介!猫猫の声優は変わった?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

この記事はこんな人におすすめ!

  • 薬屋のひとりごとで声優の変更があったキャラ、理由を知りたい
  • 猫猫の声優は変わったのか知りたい
くれい
くれい
こんにちは。

主人公の薬師・猫猫が王宮の事件を解決する、人気ミステリー小説の「薬屋のひとりごと」。

2023年からアニメ化された本作ですが、今までに声優が変わったことがあるのか気になりますよね。

今回は、薬屋のひとりごとで声優の変更があったキャラ、理由、猫猫の声優は変わったのかを紹介します!

薬屋のひとりごとで声優の変更があったのは誰?

薬屋のひとりごとは2011年10月から連載されているミステリー小説で、ドラマCDやアニメにも展開している人気シリーズです。

2020年2月からドラマCD化され、2023年10月からアニメ1期も放送されています。

そんな薬屋のひとりごとですが、ドラマCD版からアニメ版にかけて以下のように声優が変更されています。

変更前の声優 変更後の声優
壬氏(ジンシ) 櫻井孝宏 大塚剛央
高順(ガオシュン) 津田健次郎 小西克幸
馬閃(バセン) 松岡禎丞 橘龍丸
水蓮(スイレン) 新田京助 土井美加
玉葉(ギョクヨウ)妃 日笠陽子 種﨑敦美
紅娘(ホンニャン) 新田京助 豊口めぐみ
桜花(インファ) 上條沙恵子 引坂理絵
貴園(グイエン) 守屋亨香 田中貴子
愛藍(アイラン) 河野茉莉 石井未紗
李白(リハク) 内匠靖明 赤羽根健治
やぶ医者 小形満 かぬか光明

 

薬屋のひとりごとの声優が変更された理由は?

次に、薬屋のひとりごとの声優が変更された理由を紹介します。

1.ドラマCD版からアニメ版での変更理由

薬屋のひとりごとは、アニメ化の前にドラマCD付きの小説が販売されており、ドラマCD版の声優は以下のキャストが務めました。

  • 猫猫(声:悠木碧)
  • 壬氏(声:櫻井孝宏)
  • 高順(声:津田健次郎)
  • 馬閃(声:松岡禎丞)
  • 水蓮(声:新田京助)
  • 玉葉妃(声:日笠陽子)
  • 紅娘(声:新田京助)
  • 桜花(声:上條沙恵子)
  • 貴園(声:守屋亨香)
  • 愛藍(声:河野茉莉)
  • 李白(声:内匠靖明)
  • やぶ医者(声:小形満)

しかし、アニメ版では、猫猫(マオマオ)役の悠木碧さん以外のキャストは全て変更になっています。

変更された理由は発表されていませんが、梨花(リファ)妃役の石川由依さんは「オーディションのお話をいただく前から好きで読んでいた」とコメントしています。

なので、猫猫役以外はアニメ化するにあたって、新しくオーディションでキャストを選んだのだと思われます。

 

薬屋のひとりごと・猫猫の声優は変わった?

薬屋のひとりごとの主人公・猫猫は、「魔法少女まどか☆マギカ」の鹿目まどか役などで有名な悠木碧さんが声優を務めています。

悠木碧さんの代表作
  • 「魔法少女まどか☆マギカ」鹿目まどか役
  • 「七つの大罪」ディアンヌ役
  • 「ソードアート・オンライン」ユウキ役
  • 「僕だけがいない街」雛月加代役
  • 「幼女戦記」ターニャ・デグレチャフ役
  • 「ヒーリングっど♥プリキュア」花寺のどか/キュアグレース役
  • 「ポケットモンスター」アイリス役

そんな猫猫の声優ですが、ドラマCD版、アニメ版とともに声優が変わったことはありません。

 

まとめ

ということで、薬屋のひとりごとで声優の変更があったキャラ、理由、猫猫の声優は変わったのかを紹介しました。

薬屋のひとりごとのアニメを見ている人は、参考にしてくださいね!

関連記事