アニメOP感想

アニメ進撃の巨人4期OP「僕の戦争」が賛否の理由は?評判と感想を紹介するよ

この記事はこんな人におすすめ!

  • アニメ進撃の巨人4期OP「僕の戦争」の評判を知りたい
  • アニメ進撃の巨人4期OP「僕の戦争」の感想を知りたい
くれい
くれい
こんにちは。

アニメ「進撃の巨人」の4期の放送が始まり、毎週の楽しみになった人も多いのではないでしょうか?

今期はOPが放送まで隠されていましたが、2期EDも担当した神聖かまってちゃんの「僕の戦争」になりましたね。

今回はそんな4期OPが賛否両論なので、OPに決まった経緯と賛否の理由、評判と僕が思う感想を紹介します!

スポンサーリンク


アニメ進撃の巨人4期第1話でOP「僕の戦争」がお披露目!

2020年12月6日(日)にアニメ「進撃の巨人」4期(毎週日曜24時10分〜・NHK総合)の放送がスタートし、サプライズでOP「僕の戦争」がお披露目となりました。

2期EDを担当したロックバンド・神聖かまってちゃんが再度担当することとなりましたが、視聴者からは賛否両論の形に。

僕はアニメ「進撃の巨人」2期以前から神聖かまってちゃんのファンだったので、再度の起用はとにかく歓喜のサプライズでした。

僕的にファンという贔屓目で見なくても今作に「ピッタリ」という印象でしたが、同時に賛否両論になりそうな曲だなーとも思いました…。

神聖かまってちゃんとは?

そもそも今回OPを担当した「神聖かまってちゃん」は、独特な歌詞とポップなメロディーで人気を集めている日本の4人組ロックバンド。

特にギターボーカルと作詞作曲を担当する「の子」さんは、カリスマ的存在となっています。

4期のOPとなった「僕の戦争」という曲は、そんなの子さんのボーカルに聖歌隊、バイオリンなどが合わさったダークな世界観の楽曲です。

4期OPに決まった経緯は?

元々、進撃の巨人の原作者・諫山創先生が神聖かまってちゃんのファンでした。

度々自身のブログの方でも触れています。

現在進行中の黒歴史 – livedoor Blog

そんな諫山先生の強い希望もあって、2期EDに神聖かまってちゃんの「夕暮れの鳥」が起用されました。

3期では起用されなかった神聖かまってちゃんでしたが、アニメ制作チームからの依頼によって4期OPに再び起用されることになりました。

の子さんもコメントで「2期に引き続き世界観を共有できた」と語っているように、似た世界観を持つ両者は切っても切り離せない存在といえますね。

 

アニメ進撃の巨人4期OP「僕の戦争」が賛否の理由は?

アニメ進撃の巨人4期OP「僕の戦争」が賛否両論なのは何故なのか?

賛否の理由を紹介していきます。

1.リンホラを期待した声が多かった

アニメ1期、2期、3期後半と3期連続OPを担当したのが、音楽ユニット「Linked Horizon」通称「リンホラ」。否定的な意見として、4期でもリンホラを求める声が多かったです。

今までのリンホラのロックテイストな曲は、進撃の巨人の始まりを盛り上げるのにピッタリでした。

なので、神聖かまってちゃんの聖歌隊やバイオリンが強調された「ホーリー感」の強い今回の曲は、ロックで気分を上げたい人には不向きだったのかもしれません。

また、リンホラは3期連続でOPを務めていたこともあり、進撃の顔といえる存在になりつつあること、視聴者にファンが多いことも要因かもしれません。

2.ダークな世界観が観る人を選ぶかも

神聖かまってちゃんは、ポップなメロディやキャッチーな曲が多いですが、同時にダークな世界観も持っています。

それは、神聖かまってちゃんの曲にいじめや躁うつ病をテーマにしたものが多いことに表れていますね。また、OP映像も曲に合わせて作られたもので、戦争描写が多いダークな世界観のものになっています。

なので、そういった世界観が苦手な人は否定的な意見になるのかもしれません。

3.原作ファン、神聖かまってちゃんファンの評価が高い

ここからは、賛成的な意見の理由を紹介します。

否定的な意見として曲調に関するものがありましたが、原作ファンはむしろ「これからの世界観にピッタリじゃない?」という賛成的な意見が多いです。

 

また、リンホラを望む声のなか、神聖かまってちゃんファンからは歓喜の声が多いです。

OPのダークな世界観も、原作ファン、神聖かまってちゃんファンは特に受け入れやすいようですね。

 

アニメ進撃の巨人4期OP「僕の戦争」の賛否の評判を紹介!

では、アニメ進撃の巨人4期OP「僕の戦争」の実際の賛否両論の評判を紹介していきます。

まず、否定的な評判を紹介します。

 

次に、賛成的な評判を紹介します。

 

アニメ進撃の巨人4期OP「僕の戦争」の感想を紹介!

アニメ進撃の巨人4期のOP「僕の戦争」は賛否両論でしたが、ここからは僕個人的な感想を紹介していきます。

1.これからの世界観にピッタリ

僕は原作も読んでいて、神聖かまってちゃんのファンでもあるので、今回のOPのダークな世界観はすんなり受け入れられました。

むしろ今後の悲劇的な展開を考えると、これ以上の曲は無いのでは?と思えるほどです。

原作を読んでない人も、4期の第1話ががっつり戦争アニメだったので、第2話からはまたOPの見方が変わってきそうですよね!

2.2期EDより好み

神聖かまってちゃんは2期EDでも「夕暮れの鳥」が起用されていましたが、疾走感のある曲の好きな僕的には、正直今回のOP「僕の戦争」の方が好みでした。

2期EDでの神聖かまってちゃんしか知らない人は、今回のOPで「こんな曲もあるのか!」と思った人も多いと思います。

また、歌詞的にも2期EDは直前で日本語歌詞から英語歌詞に変更する過程でGoogle翻訳で翻訳したのに対し、4期OPでは翻訳家をつけて翻訳しているのでクオリティも上がっているようです。

その辺の曲の制作過程の話はの子さんの4期第1話放送直後(2020年12月7日)のツイキャスで聞けるので、気になる人は見てみてください!

ライブ履歴 – の子 (@0u0HaNako666) – ツイキャス

3.MAPPAの作画がすごい

4期から、アニメ制作会社が今までの「WIT STUDIO」から「MAPPA」に変わりました。

それにより、巨人が3DCGになり動きが滑らかになっているほか、WIT STUDIOとはまた違った色彩や描画が楽しめます。

そんなMAPPAのWIT STUDIOに負けないハイクオリティな作画が、曲の世界観にがっちりハマっていてより作品が昇華している感じがします。

よりこの映像を楽しみたい人は、ノンクレジット版がぽにきゃん公式Youtubeチャンネルで公開されているのでおすすめです。

 

くれい
くれい
凄すぎて100回以上観てる!w

4.4期後半はリンホラかもしれない

3期のOPも前半はYOSHIKI featuring HYDEが担当しましたが、後半のOPはリンホラが担当しました。

なので、4期も前半は神聖かまってちゃんですが、後半はリンホラが担当する可能性もあります。

後半は誰がOPを担当するか楽しみですね!

 

まとめ

ということで、「僕の戦争」がアニメ進撃の巨人4期OPに決まった経緯と賛否の理由、評判と僕が思う感想を紹介しました。

アニメファン、原作ファン、色々思うところはあると思いますが、毎回飽きさせない制作陣の演出には頭が下がります。

今回のOPとEDともに良かったので、多くの人に受け入れられると嬉しいです!