PayPay本人確認

PayPayの本人確認ができない原因と対処法を徹底解説【撮影ができない、審査が通らない】

この記事はこんな人におすすめ!

  • PayPayの本人確認で撮影ができない
  • PayPayの本人確認で審査が通らない
くれい
くれい
こんにちは。

QRコード決済の代表的なアプリとして有名な「PayPay」が、最近銀行口座からのチャージに本人確認が必要となりました。

しかし、マイナンバーカードの撮影ができなかったり審査が通らなかったりと、僕も含めて本人確認がうまくできないケースもあります。

今回は、そんなPayPayの本人確認ができない原因と対処法(撮影ができない、審査が通らない)をまとめて解説します!

スポンサーリンク


PayPayの本人確認ができない!

PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)
PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ

PayPayは、PayPay株式会社が運営するQRコード決済アプリ。

QRコード決済アプリとは、レジでスマホ画面のQRコードを読み込んでもらう、またはスマホカメラでレジ設置のQRコードを読み込むことで決済できるアプリです。

PayPayはその中でも、「PayPay祭」など期間限定の還元キャンペーンが多いことから人気を集めています。

そんなPayPayですが、新しくできた「本人確認」がうまくできないケースがあります。

本人確認とは?

そもそもPayPayの本人確認とは、PayPayの残高に銀行口座からチャージする際に必要な確認機能のことです。

本人確認を完了しない限り、PayPayの残高に銀行口座からチャージできません。

本人確認の申請は「本人確認書類の撮影」「顔写真の撮影」「まばたきチェック」「個人情報の入力」の4ステップで完了しますが、本人確認できないケースはどんなときに起こるのでしょうか?

本人確認できないケースはどんなときに起こる?

PayPayの本人確認ができないケースは、主に以下の2つがあります。

  • 本人確認の撮影ができない
  • 本人確認の審査が通らない

本人確認の撮影ができないケースは、「本人確認書類の撮影」「顔写真の撮影」のときに起こります。

本人確認の撮影は画面にシャッターボタンがないので、通常本人確認書類と顔を自動で読み込んで撮影されます。

しかし僕の実体験として、本人確認書類が読み込まれない、顔写真の撮影後にアプリが落ちるという事象がありました。

また、本人確認の申請完了後も、審査落ちして再度本人確認が必要となる事象がありました。

そんな2つのケースですが、原因を確認して対処法を考えた結果、無事に本人確認を終えることができたのでその原因と対処法を解説していきます!

 

PayPayの本人確認ができない原因と対処法【撮影ができない】

ではまず、PayPayの本人確認で撮影ができない原因と対処法を解説します。

PayPayの本人確認で撮影ができない原因

PayPayの本人確認の撮影ができないケースには、本人確認書類が読み込まれない、顔写真の撮影後にアプリが落ちるなどの事象がありますが、原因は以下の3つが考えられます。

  • 撮影環境に問題がある
  • アプリに問題がある
  • 端末に問題がある

まず、PayPayの公式サイトで撮影時の注意点が記載されているので、撮影環境がそれを満たしてないことが原因の可能性があります。

本人確認(eKYC)ができない – PayPay ヘルプ

また、PayPayでは度々不具合やバグの修正アップデートが入っているため、アプリをアップデートしていないことが原因の可能性もあります。

他にも僕の実体験として、同じ撮影環境でも端末によって本人確認書類の撮影の反応に差があったので、端末のスペックが原因の可能性もあります。

対処法①明るい場所で撮影する

1つ目の対処法は、明るい場所で撮影することです。

実際にPayPayの公式サイトでも、撮影時の注意点として「明るく平らな場所に本人確認書類を置いて撮影する」旨が記載されています。

本人確認(eKYC)ができない – PayPay ヘルプ

くれい
くれい
僕はこの対処法で解決しました

僕の実体験としては、最初にカーテンを開けて太陽光で部屋を明るくして撮影したのですが、本人確認書類を画面の枠に合わせても全く読み込まれませんでした。

また、なんとか本人確認書類を撮影できたとしても、顔写真の撮影をすると何故かアプリが落ちてしまいました。

しかし、カーテンを閉めて照明で部屋を明るくして撮影したら、本人確認書類も顔もすんなり読み込まれて撮影できたので、個人的に照明の光の方が部屋を満遍なく明るくできるのでおすすめです。

(僕の場合、立地的に太陽光だけでは部屋が薄暗かったんだと思います。)

対処法②アプリをアップデートする

2つ目の対処法は、PayPayのアプリをアップデートすることです。

PayPayでは度々不具合やバグの修正アップデートが入っているため、アプリをアップデートすることで動作が改善する可能性があります。

対処法③他の端末でログインする

3つ目の対処法は、他の端末でPayPayのアプリにログインして本人確認をすることです。

僕の実体験として、手持ちの低スペックのAndroidとiPhoneでは、iPhoneの方が撮影の反応がよくスムーズにできました。

今使っている端末よりハイスペックな端末を持っている人は、端末を変えてみるのもいいかもしれません。

PayPayのアプリへの複数の端末からのログインを管理するには、「ログイン管理機能」が便利です。

 

PayPayの本人確認ができない原因と対処法【審査が通らない】

次に、PayPayの本人確認で審査が通らない原因と対処法を解説します。

PayPayの本人確認で審査が通らない原因

PayPayの本人確認で審査が通らないケースには、審査落ちして再度本人確認が必要となるなどの事象がありますが、原因は以下の3つが考えられます。

  • 個人情報の入力に問題がある
  • 顔写真の撮影に問題がある
  • 本人確認書類に問題がある

まず、PayPayの公式サイトで個人情報の入力のよくある失敗ケースが記載されているので、個人情報の入力時にその失敗ケースに該当していたことが原因の可能性があります。

本人確認(eKYC)ができない – PayPay ヘルプ

また、撮影した顔写真と本人確認書類の写真が一致しないと審査が通らないので、現在の顔写真と本人確認書類の写真の見た目が遠いことが原因の可能性もあります。

対処法①住所を修正して再度申請する

1つ目の対処法は、個人情報の入力時の住所を修正して再度申請することです。

実際にPayPayの公式サイトでも、個人情報の入力のよくある失敗ケースとして「住所の丁目や番地が抜けている」「地名や建物情報の表記が異なる」旨が記載されています。

本人確認(eKYC)ができない – PayPay ヘルプ

もし、入力を間違えた覚えがある場合は、住所を修正して再度申請する必要があります。

住所のみを修正して再度申請することはできないので、審査落ち後にもう一度最初から本人確認を申請しましょう。

対処法②本人確認書類の写真に近づけて再度申請する

2つ目の対処法は、顔写真の見た目を本人確認書類の写真に近づけて再度申請することです。

実際にPayPayの公式サイトでも、撮影時の注意点として「眼鏡の有無や髪型など本人確認書類の写真に近い見た目にする」旨が記載されています。

本人確認(eKYC)ができない – PayPay ヘルプ

対処法③本人確認書類を変えて再度申請する

3つ目の対処法は、本人確認書類を変えて再度申請することです。

顔写真と本人確認書類の写真の見た目が遠い場合、眼鏡や髪型で近づけることができればいいですが、本人確認書類の写真が昔の写真だと見た目がかなり変化していることもあります。

そういった場合は、申請する本人確認書類を変えて再度申請することで審査が通る可能性があります。

くれい
くれい
僕はこの対処法で解決しました

僕の実体験としては、最初に本人確認書類に運転免許証を選択して申請したのですが、「本人情報の確認ができませんでした」というプッシュ通知が来て審査落ちしてしまいました。

そこで、今度は本人確認書類にマイナンバーカードを選択して再度申請すると、当日に審査に通って銀行口座からチャージできるようになりました。

僕の場合、運転免許証の方が写真が古かったため髪型も大きく変わっており、マイナンバーカードの方が写真が新しく見た目に大きな変化がなかったため審査に通ったんだと思います。

本人確認書類は「運転免許証」「マイナンバーカード」「運転経歴証明書」の3つの中から選択できるので、より新しい写真(今の見た目に近い)の本人確認書類を選択するのがおすすめです。

 

PayPayの本人確認ができないみんなの声は?

 

まとめ

ということで、PayPayの本人確認ができない原因と対処法(撮影ができない、審査が通らない)をまとめて解説しました。

PayPayの本人確認ができなくて困っているという人は、参考にしてください!